初代ED治療薬と育毛の悩み

EDは勃起不全のことで、性的な刺激があっても勃起できなかったり、女性器に挿入できない状態のことをいいます。
年齢が高くなるほど症状が出やすくなりますが、まだ若い20代や30代の男性にも見られるもので、決して老化だけが関係する症状ではないことがわかります。
治療薬を用いることで、勃起できる状態にすることができます。日本で許可されているED治療薬は3種類が存在しており、その中でも初代の治療薬として有名なのがバイアグラです。
アメリカの製薬会社が製造販売している医療用医薬品に該当します。1998年に販売が開始され、日本では1999年に販売されています。
バイアグラバイアグラにはシルディナフィルという成分が含まれています。この成分がED治療に役立ってくれる訳ですが、脂っこい食事と一緒に服用すると成分の吸収が妨げられやすく、効き目が弱まってしまう特徴を持っています。
そのため、バイアグラの服用は空腹時が最適であるとされています。食事を取るのならできるだけあっさりとした内容に留め、お腹いっぱいになるまで食べすぎないことが大切です。
食事を食べた後は2時間程度の時間をあけてから、バイアグラを服用しましょう。
男性にとってはED以外にも、薄毛に悩む人が大勢います。老化現象の一環として見られていますが、まだ20代の若さでも薄毛になる男性は存在しており、進行性の薄毛のことをAGAと呼ばれています。
薄毛が気になるのなら、早めに育毛剤で頭皮のケアをしましょう。頭皮環境を整えることで、薄毛予防ができる場合があるからです。
医薬品や医薬部外品が売られていますが、早ければ早いほど育毛剤の作用に期待できますのでスキンケアをするように使い続けてみることをおすすめします。