癌によってEDになってしまう結果もある

動脈硬化や糖尿病、高血圧によってED勃起不全が引き起こされる可能性が高まります。
このような生活習慣病はよく知られているEDの直接的な原因になっていますが、それ以外にもいろんな要因によって勃起不全が起きます。癌もそのひとつです。
前立腺癌によって手術を受け、勃起を司る神経や血管が傷ついたことによって機能障害が起きることも。そのような場合であっても、ED治療薬によって症状が改善する可能性があります。
いろんな症状の結果によって勃起不全が引き起こされることを器質性EDと呼んでいます。ただどんな症状もED治療薬を服用することで、改善するとは限りません。
治療薬の場合、動脈硬化や糖尿病で引き起こされる場合、比較的効果があるとされていますが、手術によって神経や血管を傷つけた場合、効果が出る人とそうではない人がはっきりわかれると言われています。
もしED治療薬の効果がなかったとしても、あまりがっかりしないでください。そのほかにも勃起不全を解消するための手術もあります。手術を受けることにした男性いろんな選択肢があることを知っておきましょう。
症状の結果でEDが引き起こされたとしても、患者にとっては辛いでしょう。男性として性欲を感じていても、体が反応しないのは辛い症状になります。またそれ以外のことが患者を苦しめることもあります。
勃起不全の改善は保険診療を受けることができません。よって高い費用が掛かってしまいます。治療薬の処方にしても、他の改善策であったとしても、自己負担になることから大きな出費になってしまうでしょう。
また治療薬というのは、あくまでも改善です。治療をするわけではなく、一時凌ぎになっています。原因を取り除かない限り、完全に復活しない症状とも言えるのです。